• Unicus

10年ぶりの再会

先日、名古屋市のランドマークの一つである名古屋港ポートビル様の外壁赤外線調査を行ってきました。



実は、ポートビル様の定期調査は、9年前にも携わらせていただいており、前回の調査から10年を経過しようとしていたので、再度調査依頼をいただきました。


丸柱が多く使用されており、外壁赤外線調査では通常の2倍ほどの撮影量が必要となりますが、これまでの経験を活かし、無事に調査完了いたしました。


10年を経て、再度調査をご依頼いただけたことは、当社が行なってきた外壁赤外線調査が認められた証であると思うと感慨もひとしおで、非常にうれしく思っています。


10年後、20年後も変わらずご用命いただけるよう、調査の一つ一つを確実に行い、信用を積み重ねていく想いがさらに強くなりました。

閲覧数:12回0件のコメント

最新記事

すべて表示

2011年3月11日に発生した東日本大震災以来、日本各地で地震が多発しています。 被災された地域の方が一日も早く日常生活を取り戻すことを、切に願ってやみません。 しかし、地震で影響が出るのはライフラインだけではなく、建物にも被害が発生します。 目に見えるところでは、建物の傾斜、壁面のひび割れ、屋根瓦・タイル・モルタルの剥落など。 目に見えないところでは、タイル・モルタルの浮きが発生してしまいます。