• Unicus

赤外線法と外壁面の温度変化


目視で膨れが確認できるほど浮いたタイル部ですが、撮影タイミングが違うだけで全く違った調査結果になります。


いかに、この撮影タイミングを捉えるかが、赤外線法の精度を左右します。

閲覧数:15回0件のコメント

最新記事

すべて表示

2011年3月11日に発生した東日本大震災以来、日本各地で地震が多発しています。 被災された地域の方が一日も早く日常生活を取り戻すことを、切に願ってやみません。 しかし、地震で影響が出るのはライフラインだけではなく、建物にも被害が発生します。 目に見えるところでは、建物の傾斜、壁面のひび割れ、屋根瓦・タイル・モルタルの剥落など。 目に見えないところでは、タイル・モルタルの浮きが発生してしまいます。