• Unicus

画像解析の重要性


赤外線装置法による外壁調査において、現地調査での撮影条件をクリアすることも重要ですが、撮影した赤外線画像(熱画像)の解析技術も、調査結果の出来に大きく影響します。


この動画の外壁のように、外装仕上げ材の材質や色調により、外壁面の温度帯が異なるケースがあります。

そこで、タイル面・モルタル面のそれぞれがフォーカスできるように熱画像の温度レベルの表示を調整することにより、それぞれの箇所の隠れた異温部が発見できます。

閲覧数:12回0件のコメント

最新記事

すべて表示

2011年3月11日に発生した東日本大震災以来、日本各地で地震が多発しています。 被災された地域の方が一日も早く日常生活を取り戻すことを、切に願ってやみません。 しかし、地震で影響が出るのはライフラインだけではなく、建物にも被害が発生します。 目に見えるところでは、建物の傾斜、壁面のひび割れ、屋根瓦・タイル・モルタルの剥落など。 目に見えないところでは、タイル・モルタルの浮きが発生してしまいます。